金融う

ローンを利用する時には金利を確認する

実質年率を確認することで、ローンの金利をチェックすることが可能です。自分が借りているローンの金利を知っておくことは、融資を受ける時には大事なことです。
しかし、ローンの金利を把握しようと思っても、金融会社の表示では、4.5%~17.5%のような、開きの大きい表示がされています。金利を一律にしない理由は、借入残高によって利率が変わるようになっているからです。大口の融資を受けた時には、低い金利で返済をすることができます。借入金が100万円より多ければ、大抵の金融会社は15.0%以下の金利設定で融資を行うようになります。貸付上限金額に応じて金利が明記されている金融商品は、理解がしやすいものになります。150万円以下は12.0%、100万円以下は14.5%という書き方がされていれば、金利は明瞭です。利息を計算するには、金利が必要になります。金利と、借入金額、返済期間が、利息を算出するためには必要です。
消費者金融ローンの多くは、申込み時の審査が終了するまで、金利はわかりません。銀行のローンでは、ホームページに金額別の金利が明示されていて、申し込み前に確認ができます。ローンのお金を無理なく返済するためには、金利何%で融資を受けるかをはっきりさせておくことです。